熱交換器破砕例


熱交換器(ラジエータ)を破砕してみました。

熱交換器は自動車や空調機に使用されています。

銅のパイプとアルミのフィンが組み合っており、

この2つの素材を完全に分離することが可能です。

皆様も純度の良い銅とアルミを回収しませんか?

熱交換器破砕実験 F356ラジエーター60s破砕前080508

クロスフローシュレッダでの破砕実験お申込みはこちら

 

 

 

Copyright(c) 2016 佐藤鉄工 小型家電の解体・リサイクルのクロスフローシュレッダ All Rights Reserved.
クロスフローシュレッダー(CFS)は廃棄物などのゴミを資源へと生まれ変わらせる機械であり機会となる道具です。大型家電の冷蔵庫や洗濯機、小型家電のデジカメ・パソコンなどを
CFSに投入することによってレアメタルなど希少な金属を剥離・分解することで取り出すことが可能となります。