自動販売機の(ビルバリ)お札検知器の破砕例


お札の検知器(ビルバリ)の破砕実験をやってみました。

少し厚めの鉄フレームを含んでいます。

基板や動線、プラ類が複合している部品です。

見事にバラバラになっています。

短時間だけ破砕してやると、価値の高い基板が

粉々になってしまわずに回収が出来ますね。

自販機ビルバリ破砕例 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クロスフローシュレッダでの破砕実験お申込みはこちら

 

 

 

Copyright(c) 2016 佐藤鉄工 小型家電の解体・リサイクルのクロスフローシュレッダ All Rights Reserved.
クロスフローシュレッダー(CFS)は廃棄物などのゴミを資源へと生まれ変わらせる機械であり機会となる道具です。大型家電の冷蔵庫や洗濯機、小型家電のデジカメ・パソコンなどを
CFSに投入することによってレアメタルなど希少な金属を剥離・分解することで取り出すことが可能となります。