容易なメンテナンス


容易なメンテナンス

クロスフローシュレッダは図のようなシンプルな構造です。

シュレッダ本体にはメンテナンスハッチが設けられており、チェーン交換や内部の清掃が可能です。

破砕に使用する特殊チェーンは固定部分のピンを取り外すだけで交換でき、10分あれば交換可能です。

また、本体内部がシンプルな構造のため、清掃も容易です。

処理対象物を変える場合にコンタミネーション(混入)防止として清掃することがありますが清掃作業は非常に簡単に行うことができます。

 

また、側面・底面のライニングは極力ボルトを減らした構造としておりユーザー様でも交換を容易にできるようにしております。

 

以上のように、クロスフローシュレッダは、様々な処理対象物を扱ってきた長年の経験をもとにメンテナンス性を向上させています。このメンテナンス性の高さも多くのお客様からご好評いただいております。

 

 

Copyright(c) 2015 佐藤鉄工 小型家電の解体・リサイクルのクロスフローシュレッダ All Rights Reserved.
クロスフローシュレッダー(CFS)は廃棄物などのゴミを資源へと生まれ変わらせる機械であり機会となる道具です。大型家電の冷蔵庫や洗濯機、小型家電のデジカメ・パソコンなどを
CFSに投入することによってレアメタルなど希少な金属を剥離・分解することで取り出すことが可能となります。